不登校新聞

532号 2020/6/15

「安否確認」と不登校 不登校の歴史vol.532

2020年06月15日 09:16 by kito-shin

 前号で「安否確認」にふれたついでに、虐待死を防ごうとするあまり、学校や児童相談所が「安否確認」の名目で無理に嫌がる子どもに会うことを強要した例の多発について記しておきたい。

 登校した子どもは公的機関が安否を確認していることにはなる。一方、不登校の子どもは、それまでの学校との関係から、学校に来ることはできない、したくない、というのみではなく、校長や担任、カウンセラーなど学校と関係ある人に絶対会いたくない、というケースもかなりあった。

 残念ながら子どものようすがわからないまま年月がすぎ、いくつかは、親の虐待がわからず、死に至ったケースもあった。

 そこで、学校や行政機関は、責任を追及されないよう、いや子どもを守る責任があるため、不登校の家庭に「訪問します」とか「お母さん、本人を連れて来られませんか」と声をかける。

 親は、はじめのうちは、断ったら先生に悪いから、子どもに「会っといたほうがいいよ」と言ってみたり、「先生が来られたら、ちょっとの時間、ごあいさつに出て」と子どもに頼んだりした。子どもは嫌がって荒れたり、親にも口をきかなくなったりもあった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教育委員会は民間と連携して 不登校の歴史vol.538

538号 2020/9/15

ひといき

538号 2020/9/15

森の喫茶店 第538号

538号 2020/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...