不登校新聞

532号 2020/6/15

不登校経験者が考える親が学校に意見を言う難しさ

2020年06月15日 11:19 by kito-shin

 今回執筆したのは、神内(じんない)真利恵さん。「モンスターペアレント」という言葉の影響について、ご自身の思いも交えながら書いていただいた。

* * *

 「モンスターペアレント」という言葉を聞いたことがあるだろうか。聞いたことのない人のほうが少ないかもしれない。

 モンスターペアレントとは、学校や教員に非常識なクレームをつける親のことを指す言葉だそうだ。たしかにモンスターペアレントは問題だと思う。

 しかし、この言葉が保護者にとって、マイナスに作用してしまうこともあるのではないかと私は思う。

 学校という場所においては、基本的に保護者よりも教師のほうが立場が強いと思われる。わかりやすいところで言えば、教師は成績の決定権を持っている。

 それに、クラス内の環境づくりなども教師に一任されている状態だ。保護者からすれば、学校で何が行なわれているかは子どもに聞くか、学級だよりのようなものを読むしか、知ることができない。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校経験者4名が綴る。「私はこの言葉に救われ、支えられた」

538号 2020/9/15

過干渉な母との20年、解放のきっかけは夫の一言

538号 2020/9/15

学校の代わりになる場所を4年間、探し続けた末に私が求めたこと

537号 2020/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...