不登校新聞

532号 2020/6/15

不登校経験者が考える親が学校に意見を言う難しさ

2020年06月15日 11:19 by kito-shin

 今回執筆したのは、神内(じんない)真利恵さん。「モンスターペアレント」という言葉の影響について、ご自身の思いも交えながら書いていただいた。

* * *

 「モンスターペアレント」という言葉を聞いたことがあるだろうか。聞いたことのない人のほうが少ないかもしれない。

 モンスターペアレントとは、学校や教員に非常識なクレームをつける親のことを指す言葉だそうだ。たしかにモンスターペアレントは問題だと思う。

 しかし、この言葉が保護者にとって、マイナスに作用してしまうこともあるのではないかと私は思う。

 学校という場所においては、基本的に保護者よりも教師のほうが立場が強いと思われる。わかりやすいところで言えば、教師は成績の決定権を持っている。

 それに、クラス内の環境づくりなども教師に一任されている状態だ。保護者からすれば、学校で何が行なわれているかは子どもに聞くか、学級だよりのようなものを読むしか、知ることができない。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

人と接するのが怖かった私が人の気持ちに寄り添いたいと思うまで

533号 2020/7/1

10年間、不登校してわかった意外と生きていける理由

533号 2020/7/1

「学校と向き合うことは親も戦いだ」と私が実感した日

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...