不登校新聞

532号 2020/6/15

不登校経験者が考える親が学校に意見を言う難しさ

2020年06月15日 11:19 by kito-shin
2020年06月15日 11:19 by kito-shin

 今回執筆したのは、神内(じんない)真利恵さん。「モンスターペアレント」という言葉の影響について、ご自身の思いも交えながら書いていただいた。

* * *

 「モンスターペアレント」という言葉を聞いたことがあるだろうか。聞いたことのない人のほうが少ないかもしれない。

 モンスターペアレントとは、学校や教員に非常識なクレームをつける親のことを指す言葉だそうだ。たしかにモンスターペアレントは問題だと思う。

 しかし、この言葉が保護者にとって、マイナスに作用してしまうこともあるのではないかと私は思う。

 学校という場所においては、基本的に保護者よりも教師のほうが立場が強いと思われる。わかりやすいところで言えば、教師は成績の決定権を持っている。

 それに、クラス内の環境づくりなども教師に一任されている状態だ。保護者からすれば、学校で何が行なわれているかは子どもに聞くか、学級だよりのようなものを読むしか、知ることができない。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

14年の心理士経験を経てわかった「学校へ復帰するよりも大切なこと」

621号 2024/3/1

「よくぞ無理やり行かせないでくれた」小・中学校で不登校した男性が親に心から感謝していること

621号 2024/3/1

「不登校の原因を説明できないのはなぜか」不登校経験者が語る「説明できる言葉」が存在しない理由

620号 2024/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…