不登校新聞

532号 2020/6/15

「学校と向き合うことは親も戦いだ」と私が実感した日

2020年06月15日 11:20 by kito-shin
2020年06月15日 11:20 by kito-shin



 ある日、私は母とバスに乗っていた。何気なく外を見ていると、一度も通うことがなかった母校の中学が、ふと目に入った。

 「ここが正門なんだ」私が口にすると、母は「そうだよ。……私はここに戦いに来てたんだよ」と言った。

 突然の言葉に「どういうこと?」と聞くと、私が不登校だった当時の母と学校とのやりとりを話してくれた。

 私の今後のことを相談しに行ったら、「結局、お母さんは何が言いたいんですか?」と担任に冷たい態度を取られたり、進路ガイダンスの知らせがうちにだけ来なかったりしたことがあったという。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

14年の心理士経験を経てわかった「学校へ復帰するよりも大切なこと」

621号 2024/3/1

「よくぞ無理やり行かせないでくれた」小・中学校で不登校した男性が親に心から感謝していること

621号 2024/3/1

「不登校の原因を説明できないのはなぜか」不登校経験者が語る「説明できる言葉」が存在しない理由

620号 2024/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…