不登校新聞

532号 2020/6/15

「学校と向き合うことは親も戦いだ」と私が実感した日

2020年06月15日 11:20 by kito-shin



 ある日、私は母とバスに乗っていた。何気なく外を見ていると、一度も通うことがなかった母校の中学が、ふと目に入った。

 「ここが正門なんだ」私が口にすると、母は「そうだよ。……私はここに戦いに来てたんだよ」と言った。

 突然の言葉に「どういうこと?」と聞くと、私が不登校だった当時の母と学校とのやりとりを話してくれた。

 私の今後のことを相談しに行ったら、「結局、お母さんは何が言いたいんですか?」と担任に冷たい態度を取られたり、進路ガイダンスの知らせがうちにだけ来なかったりしたことがあったという。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクールも保健室もダメ、私は私の不登校理由がわからない

542号 2020/11/15

「この先、何十年も生きてたくない」学校で傷ついた14歳を癒した言葉【中川翔子が聞く】

542号 2020/11/15

不登校してから私が歩んだ道は、夢が叶わずとも悔いてない道のり

541号 2020/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

542号 2020/11/15

その歌唱力で存在感を示している「BiSH」のアイナ・ジ・エンド。不登校や高...

541号 2020/11/1

中学1年生から不登校だった女性(24歳)に取材。声優を夢見て進学したものの...

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...