不登校新聞

532号 2020/6/15

「学校と向き合うことは親も戦いだ」と私が実感した日

2020年06月15日 11:20 by kito-shin



 ある日、私は母とバスに乗っていた。何気なく外を見ていると、一度も通うことがなかった母校の中学が、ふと目に入った。

 「ここが正門なんだ」私が口にすると、母は「そうだよ。……私はここに戦いに来てたんだよ」と言った。

 突然の言葉に「どういうこと?」と聞くと、私が不登校だった当時の母と学校とのやりとりを話してくれた。

 私の今後のことを相談しに行ったら、「結局、お母さんは何が言いたいんですか?」と担任に冷たい態度を取られたり、進路ガイダンスの知らせがうちにだけ来なかったりしたことがあったという。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校経験者4名が綴る。「私はこの言葉に救われ、支えられた」

538号 2020/9/15

過干渉な母との20年、解放のきっかけは夫の一言

538号 2020/9/15

学校の代わりになる場所を4年間、探し続けた末に私が求めたこと

537号 2020/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...