不登校新聞

532号 2020/6/15

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

2020年06月15日 11:17 by koguma


県議会の見解はHPに掲載

 2020年5月25日、香川県弁護士会は4月1日に施行された「香川県ネット・ゲーム依存症対策条例」(以下、条例)について、同条例の廃止および一部の条文の即時削除を求める会長声明を出した。これに対し、香川県議会は6月2日に見解を公表。本声明の批判には理由がないとし、条例の廃止等は必要なしとの見方を示した。

* * *

 条例では、ネットやゲームにのめりこむことにより日常生活等に支障が生じている状態を「ネット・ゲーム依存症」と定義づけている。

 具体策として、条例の18条2項では「1日の利用時間の上限を60分(休日は90分)とし、中学生までは午後9時、それ以降の学年の子どもは午後10時までに使用をやめることを目安」とするルールづくりをするよう保護者に定めている。

権利の侵害

 香川県弁護士会が条文の即時削除を求めているのはまさにこの部分だ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...