不登校新聞

533号 2020/7/1

かがり火

2020年06月30日 11:38 by kito-shin

 新型コロナウイルスの感染流行に伴って、子どもたちの生活にも大きな変化が生じた。屋外で遊ぶことが少なくなり、自宅でゲームや漫画を楽しむことが多くなった。子どもにもそれぞれ学びたいことや遊びたいことがあったであろう。

 子どもの権利条約には「生きる権利」「守られる権利」「育つ権利」「参加する権利」という主要な4つの権利が記載されている。これらの権利を大人はきちんと受けとめているであろうか。

 コロナ騒動のなかで「命あるものの死」というタイトルの小さな会が開かれた。命の大切さとその死を通じ、人間は何を学んでいくのかを強く考えさせられた。死を自覚することで、人間にはどんな不安や希望がもたらされるのだろうか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教育委員会は民間と連携して 不登校の歴史vol.538

538号 2020/9/15

ひといき

538号 2020/9/15

森の喫茶店 第538号

538号 2020/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...