不登校新聞

533号 2020/7/1

10年間、不登校してわかった意外と生きていける理由

2020年06月30日 11:59 by kito-shin

 小1で不登校になり約10年ひきこもりを経験した米倉さん(26歳)に取材。ステータスに苦しみ続けた過程やその後気づいたことについてお話をうかがった。

* * *

――不登校のきっかけと経緯を教えていただけますか?

 小学校に入学して2カ月で不登校になりました。私には当時の記憶はないのですが、母に聞いたところ行きしぶりがあったそうです。

 私が不登校になった時点で、すでに2つ上の兄も不登校だったので、わりとスムーズに私自身は不登校になりました。

 それからは中学卒業まで、学校には1日も通わなかったです。学校に通っていない時間は、家でゲームをしたり、アニメを観たりしてすごしました。

 なので、不登校になる過程では苦労していませんが、中学生ぐらいまでは外出するのが困難でした。「学校へ行かず何もできない自分」にずっと負い目を感じていたからです。

 私は「不登校である」や「無職である」などの肩書というか、ステータスがコンプレックスだったんです。大げさに言えば私という存在をひた隠しにしなければいけないと思っていました。

 小学5年のときは、虫歯になっても歯医者へ行けないことがありました。めちゃくちゃ歯が痛いのに「なんでこの子は学校へ行かないの?」と全員から見られると思うと、怖くて無理だったんです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校での同調圧力が僕はずっとツラかった

539号 2020/10/1

不登校経験者4名が綴る。「私はこの言葉に救われ、支えられた」

538号 2020/9/15

過干渉な母との20年、解放のきっかけは夫の一言

538号 2020/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...