不登校新聞

533号 2020/7/1

不登校を許すのは「過保護」なのか、フリースクール代表の回答

2020年06月30日 14:30 by shiko

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.32

 今回は「不登校と過保護」というテーマで考えてみたいと思います。

 次のようなご意見をいただきました。

 「私の知人の話ですが、高校生の息子さんが朝起きられないことが続いてしまい、そこから不登校になったそうです。そこで、まずは規則正しい生活を送ることを徹底し、体を動かして、アルバイトなどの社会参加をするまでになりました。不登校になっても、甘やかしてだらしない生活を送ることはまちがっていると思います。過保護はよくないです」。

 まず実際の対応については、以前、本欄で「朝、起きてこない子に思うこと」というテーマで書きました。

 学校は休んでもいいけど、これはしなければいけないとか、あれはさせたいというのは、不登校の対応としてあまり有効ではない、というのが私の意見です。

 ただでさえ「学校へ行かなければならない」という不安があるのに、「規則正しい生活」を求めることで、子どもは相当の負荷がかかることになります。

 まずは子どもの気持ちを第一に、そこから行動や治療、療育といったことにつなげていくことが望ましいと思います。

 さて「過保護はよくない」という言葉は、子育てをしているとよく聞く助言の一つだと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の兄と登校する弟、兄弟の関係をどう支えたら?

539号 2020/10/1

不登校からの進学が不安な方に知ってほしいこと

537号 2020/9/1

子どもの体調不良と不登校の予兆は見た目が同じ。その見分け方は

535号 2020/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...