不登校新聞

534号 2020/7/15

かがり火

2020年07月11日 11:15 by kito-shin
2020年07月11日 11:15 by kito-shin

 どこかに通うのでなく、家を拠点に学び育っていく教育方法を「ホームエデュケーション」や「ホームスクーリング」などと表現する。もともと熱海でやる予定だった全国大会のなかで、ホームエデュケーション家庭のシンポジウムを企画していた。

 コロナ状況から中止になった大会だが、シンポジウムはオンラインでやってみようということになり、7月5日、静岡、東京、北海道から3人の親の方に出ていただいた。「登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク」からの発信である。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校・ひきこもり 相談先・親の会一覧

591号 2022/12/1

『不登校新聞』のおすすめ

591号 2022/12/1

編集後記

591号 2022/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…