不登校新聞

534号 2020/7/15

実際に通った生徒2名が語る「通信制高校」の体験談

2020年07月13日 16:14 by kito-shin
2020年07月13日 16:14 by kito-shin

 こんにちは。本紙子ども若者編集部員のさゆりです。私は中学で不登校したあとに入学した通信制高校がとても楽しかったです。しかし、通信制高校に在籍していた子に話を聞くと、「楽しかった」という意見と「つらかった」という意見の両方がありました。そこで、今回は通信制高校に入学してよかったと感じる方と、合わなかったと感じる方、2名の女性にご自身の体験談を書いていただきました。(さゆり)

* * *

 私は通っていた高校で不登校になり、高3の秋に通信制高校へ転校しました。転校先として通信制を選んだのは、生徒への個別サポートなどが充実していて、不安障害など複数の精神疾患を抱えている私でも通えそうと感じたからです。

 とはいえ「本当に自分の病気のことを理解してもらえるだろうか?」と、最初は転校することが不安でした。けれども今、私は通信制高校に転校してよかったと心から思っています。

 そう思えるのは、先生の存在がとても大きいです。私の通信制高校の先生たちは全員、カウンセラーの資格を持っていました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

中学は生徒会長、高校は不登校 苦しさの根底にあった父親の呪縛

591号 2022/12/1

不登校で不安障害だったサッカー選手が不登校の子に伝えたいこと

591号 2022/12/1

【全文公開】小中高すべてで不登校した私が高認に合格するまでの10年間

590号 2022/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…