不登校新聞

535号 2020/8/1

かがり火

2020年07月30日 11:23 by kito-shin
2020年07月30日 11:23 by kito-shin

 子どもが成長していくためには、いろいろな社会参加が必要となる。社会参加のうち学校生活はその縮図とも考えられるが、かならずしもそうなっていないのが現実だ。

 家庭でできる社会参加の一つに買い物がある。最初は少額を持って買いに行き、そのうち釣り銭をもらって買い物に行くようになる。そして少しずつ社会で生きていくための知恵を身につけていく。

 図書館へ行って本を借りたり、本屋で好きな本を買えるようになると、一段と社会性が身についてくる。

 子どもの社会参加は就業にもつながるが、それはやがて社会の文化や伝統の継承にもかかわってくる。子どもの存在はもはや社会に必要不可欠だ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校・ひきこもり 相談先・親の会一覧

591号 2022/12/1

『不登校新聞』のおすすめ

591号 2022/12/1

編集後記

591号 2022/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…