不登校新聞

535号 2020/8/1

オンライン授業の現在地~体験談・専門家に聞いた可能性と課題

2020年07月30日 12:33 by kito-shin

 新型コロナウイルスの影響で、多くの学校が休校になった。また、学校再開後はおもに大学でオンライン授業が行なわれている。在宅しながら学ぶことができるオンライン授業の普及は、不登校の子たちにとって希望になりうる。今回2名の不登校経験者にオンライン授業の意義を書いてもらった。また、オンライン授業導入への課題や可能性について、教育哲学者・苫野一徳がコメント。本紙記者の茂手木涼岳も同趣旨で執筆した。

* * *

神内真利恵さん(20代)

 私の通っている大学はコロナの影響で今学期の授業はすべてオンラインとなった。そこでオンライン授業をいくつか受けてみたところ、「これは最高だ」と思った。

 私が感じたオンライン授業のよい点を、3つ紹介しようと思う。

①質問や発言が容易

 オンラインになったことで、勇気がいるであろう授業中に手をあげる行為が、タッチひとつ、クリックひとつになった。

 しゃべることが苦手でも、チャットに文字で書き込むことで自分の意見を伝えられる。授業に積極的に参加しやすくなったと感じている。

②通学・キャンパス移動がなくなった

 毎日電車に乗って通学する必要がなくなったのは多くの人にとってメリットだろう。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

皆勤賞だった僕が不登校になるまでに起きたこと

546号 2021/1/15

「信号待ちの間に車から逃げた」11歳が語った自分の不登校

546号 2021/1/15

「都会の人ごみがうらやましい」田舎で始まった僕の不登校

546号 2021/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...

545号 2021/1/1

2020年は不登校やひきこもりをめぐってどんなが起きていたのか。新型コロナ...

544号 2020/12/15

いまの子どもの自信を奪っているものはなにか。これが私のライフテーマでした。...