不登校新聞

535号 2020/8/1

子どもの体調不良と不登校の予兆は見た目が同じ。その見分け方は

2020年07月30日 15:25 by kito-shin

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.33

 今回のテーマは「体調不良と不登校の兆候のちがいは何か」についてです。

 「不登校の兆候として、頭痛や腹痛などの体調不良が見られると聞きました。でも、不登校以前にわが子は体調を崩しがちなので、見極めに迷っています。

 体調不良か不登校の予兆なのかをどう見分けたらよいのでしょうか。また、親として、不登校になるかもしれない、と覚悟したほうがよいタイミングを教えてください」という相談を受けました。

 先生からも以下のような話をよく聞きます。

 「体調不良による病欠が続いてしまい、その後、体調は戻ったものの、勉強に不安を抱えて不登校になる」。

 このような場合、子どものようすだけを見ていると、どこからが体調不良でどこからが不安による身体症状なのか見極めがかなり難しいと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校を許すのは「過保護」なのか、フリースクール代表の回答

533号 2020/7/1

「不登校はお母さんのせいだ」という子どもの言葉の裏側にある背景

532号 2020/6/15

子どもの休みグセを「戻したい」と思ったら考えてほしいこと

531号 2020/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...