不登校新聞

536号 2020/8/15

ガチひきこもりのまま、震災現場で働いた日々のこと

2020年09月11日 16:08 by shiko

連載「ひきこもって見えてきた道」vol.2

 長崎の県北で生まれ育った僕は、小学6年から不登校になった。原因は今でもわからないが、学校生活を送るなかで強いプレッシャーを感じていたのだと思う。

 そんな僕に母は学校へ行くことは強制しなかった。中学校はほとんど行かずにひきこもり、高校は定時制に通ってなんとか卒業し、県内の企業に就職した。

 だが職場での人間関係に悩み1年もたたずに退職。20歳のころ、ふたたび家にひきこもった。

 その後は数年間、家でひきこもりながら「自分は社会の役に立たないダメな人間だ」「誰からも必要とされない無価値な存在だ」と思うようになった。

 僕は母と2人で暮らしており、母が仕事に出かける際、扉の音がバタンと閉まる度に心のなかで母に謝り続けた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

僕が居場所を見つけるまで。ひきこもり青年が安心できた理由

538号 2020/9/15

ひきこもりの僕が被災地で見た同じ苦しみを抱える人たち

537号 2020/9/1

「原因がわからなかった僕の不登校」に寄り添ってくれた母

534号 2020/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...