不登校新聞

536号 2020/8/15

学校へ行かない娘の一日を、くわしく記録してわかった大事なこと

2020年08月13日 09:43 by kito-shin



 今回は、不登校中の娘(小5)の生活のようす、とくに平日の日中をご紹介したいと思います。

 その日、目覚めたのは朝6時ごろ。ほかの家族がまだ寝静まるなか、娘は6時半ごろまで布団のなかでぬくぬくしていたそうです。

 その後、起き出して洗顔。ちなみにウチの家族で朝、顔を洗うのは娘だけ、というのはここだけの秘密です。

 朝食は7時30分ごろですが、朝食が始まるまではYoutubeでお気に入りのゲーム「あつまれどうぶつの森(以下・あつ森)」の実況動画を漫然と視聴していました。

 食事のあいだは動画やゲームはしないでもらっていますが、こちらが要求しなければ食事中でも動画やゲームをやめないのだと思います。朝食がすんだら、しばらくゴロゴロと怠けています。

 私が出勤する8時半ごろに「第一次興奮ピーク」とでも言うべき時間帯が到来。玄関先で「いってらっしゃい」の熱烈なハグ攻撃を私にします。

 迷いのない直球の愛情表現をすることで、何か気持ちがすっきりするのかもしれません。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校へ行かない小学生の娘がお金の使い方を学んだ方法

535号 2020/8/1

小1で不登校した娘、家でも育つと実感した日

534号 2020/7/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...