不登校新聞

537号 2020/9/1

教育委員会や教育支援センター 不登校の歴史vol.537

2020年08月27日 12:29 by motegiryoga

 現在、本欄では、従来の学校復帰路線ではなくなった10月25日通知を紹介している。まだ昨年出されたばかりの国の通知である。

 前号では「2学校等の取り組みの充実」の(3)まで解説した。続いて「(4)不登校児童生徒に対する多様な教育機会の確保」という項がある。

 一人ひとりの状況に応じて、教育支援センター、不登校特例校、フリースクールなどの民間施設、ICTを活用した学習支援など、多様な教育機会を確保する、夜間中学も可能とある。

 「フリースクールなど」と「など」がついていることに注目したい。そして、その際の出席扱いは、「別記による」とある。民間施設活用の際はガイドラインを参考に、判断を行なう際のなんらかの目安を設けることが望ましい、と述べている。のちに紹介したい。

 「(5)中卒後の支援」の項もあり、中学校卒業程度認定試験の活用については「在学中に受験できるよう、生徒や保護者への適切な情報提供が重要」とある。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教育委員会は民間と連携して 不登校の歴史vol.538

538号 2020/9/15

ひといき

538号 2020/9/15

森の喫茶店 第538号

538号 2020/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...