不登校新聞

537号 2020/9/1

「不登校は予防できない」大切にしたい3つの前提

2020年08月30日 12:52 by shiko
2020年08月30日 12:52 by shiko


石井志昂

 多くの学校で夏休みが明けました。子どもが登校に関して悩む時期です。20年間、『不登校新聞』で取材したなかで、この時期に周囲の大人が気をつけてほしい「3つの前提」がありますので、紹介します。

不登校は予防できない

 どんな子どもでも不登校になります。20年間、私が取材した不登校の子は、優等生や秀才と言われていた子、運動が得意だった子、クラスのまとめ役だった子など、本当にさまざまなタイプがいました。タレントの中川翔子さんなども昔は不登校をしていました。

 不登校は誰にでも起こりえますし、その要因は、いじめなど大人たちの見えない領域でも発生します。不登校の予防は非現実的なことです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の約1割が通う公的施設 教育支援センターとはどんな場所か

584号 2022/8/15

夏休み明け直前の今 すべての親に知っておいてほしい子どものSOS

584号 2022/8/15

親だってしんどい 不登校の先輩パパママが実践した心が折れそうな時の乗り切り方

583号 2022/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…