不登校新聞

537号 2020/9/1

「不登校は予防できない」大切にしたい3つの前提

2020年08月30日 12:52 by shiko


石井志昂

 多くの学校で夏休みが明けました。子どもが登校に関して悩む時期です。20年間、『不登校新聞』で取材したなかで、この時期に周囲の大人が気をつけてほしい「3つの前提」がありますので、紹介します。

不登校は予防できない

 どんな子どもでも不登校になります。20年間、私が取材した不登校の子は、優等生や秀才と言われていた子、運動が得意だった子、クラスのまとめ役だった子など、本当にさまざまなタイプがいました。タレントの中川翔子さんなども昔は不登校をしていました。

 不登校は誰にでも起こりえますし、その要因は、いじめなど大人たちの見えない領域でも発生します。不登校の予防は非現実的なことです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「1話せば10わかってくれる」不登校の親どうしでつながるススメ

539号 2020/10/1

「かたちだけやっても学力はつかない」半年以上の勉強の遅れを取り戻す方法

536号 2020/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...