不登校新聞

539号 2020/10/1

学校での同調圧力が僕はずっとツラかった

2020年09月29日 12:04 by motegiryoga

 今回執筆いただいたのは、高校1年生で不登校になった、みやもとたかひろさん。みやもとさんは20代になってから、自分が学校での同調圧力に苦しんでいたことに気づいたという。ご自身の思いを書いていただいた。

* * *

 僕は学校を卒業して、大人になってから気づいたことがある。それは、学校には「同調圧力」が存在しているということだ。僕自身、ずっとその存在に苦しんできたように思う。

 僕が最初に同調圧力を感じたのは、中学校での部活動だった。僕の中学では、新入生はかならず何かの部活に入部しなければいけないという決まりがあった。

 部活動をやりたくないわけではなかったけれど、入部を強制されることに当時の僕は違和感をおぼえた。でも、部活に入らないという選択肢はない。結局僕は、ソフトテニス部に入部することにした。

 入部したソフトテニス部のなかには、同調圧力に似た、暗黙のルールなるものが存在していた。新入生が使えるラケットのメーカーがあらかじめ決められていたのだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

皆勤賞だった僕が不登校になるまでに起きたこと

546号 2021/1/15

「信号待ちの間に車から逃げた」11歳が語った自分の不登校

546号 2021/1/15

「都会の人ごみがうらやましい」田舎で始まった僕の不登校

546号 2021/1/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...

545号 2021/1/1

2020年は不登校やひきこもりをめぐってどんなが起きていたのか。新型コロナ...

544号 2020/12/15

いまの子どもの自信を奪っているものはなにか。これが私のライフテーマでした。...