不登校新聞

539号 2020/10/1

学校での同調圧力が僕はずっとツラかった

2020年09月29日 12:04 by motegiryoga
2020年09月29日 12:04 by motegiryoga

 今回執筆いただいたのは、高校1年生で不登校になった、みやもとたかひろさん。みやもとさんは20代になってから、自分が学校での同調圧力に苦しんでいたことに気づいたという。ご自身の思いを書いていただいた。

* * *

 僕は学校を卒業して、大人になってから気づいたことがある。それは、学校には「同調圧力」が存在しているということだ。僕自身、ずっとその存在に苦しんできたように思う。

 僕が最初に同調圧力を感じたのは、中学校での部活動だった。僕の中学では、新入生はかならず何かの部活に入部しなければいけないという決まりがあった。

 部活動をやりたくないわけではなかったけれど、入部を強制されることに当時の僕は違和感をおぼえた。でも、部活に入らないという選択肢はない。結局僕は、ソフトテニス部に入部することにした。

 入部したソフトテニス部のなかには、同調圧力に似た、暗黙のルールなるものが存在していた。新入生が使えるラケットのメーカーがあらかじめ決められていたのだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「死のうとしたけど生きたかった」いじめにより不登校した女性が語る「生きることの意味」

626号 2024/5/15

「不登校から文科省職員に」異色の経歴を持つ藤井健人さんが目指すのは「不登校という格差」の是正

626号 2024/5/15

「親子関係は?元気になったきっかけは?」3人の経験者が語る私の不登校とその後

625号 2024/5/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…