不登校新聞

539号 2020/10/1

学校での同調圧力が僕はずっとツラかった

2020年09月29日 12:04 by motegiryoga

 今回執筆いただいたのは、高校1年生で不登校になった、みやもとたかひろさん。みやもとさんは20代になってから、自分が学校での同調圧力に苦しんでいたことに気づいたという。ご自身の思いを書いていただいた。

* * *

 僕は学校を卒業して、大人になってから気づいたことがある。それは、学校には「同調圧力」が存在しているということだ。僕自身、ずっとその存在に苦しんできたように思う。

 僕が最初に同調圧力を感じたのは、中学校での部活動だった。僕の中学では、新入生はかならず何かの部活に入部しなければいけないという決まりがあった。

 部活動をやりたくないわけではなかったけれど、入部を強制されることに当時の僕は違和感をおぼえた。でも、部活に入らないという選択肢はない。結局僕は、ソフトテニス部に入部することにした。

 入部したソフトテニス部のなかには、同調圧力に似た、暗黙のルールなるものが存在していた。新入生が使えるラケットのメーカーがあらかじめ決められていたのだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【世界一受けたい授業出演特集】不登校から東大、リクルートへ ありがたかった母の対応

552号 2021/4/15

小6の私の心に突き刺さったのは、担任からの思いがけない言葉

552号 2021/4/15

他人の目を恐れてた中学生の自分に28歳になった今伝えたいこと

552号 2021/4/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...