不登校新聞

539号 2020/10/1

不登校経験を活かして役に立たなくてもいい説【仮説なんですが】

2020年10月29日 09:48 by motegiryoga

 本欄「仮説なんですが…」は、リレー連載です。不登校・ひきこもりについて「もしかしてこうなんじゃないか」「今はこんなふうに考えてます」という「仮説」を紹介し、読者とともに考え合っていきたいと思います(本紙512号以来、約1年ぶりの再開です)。

連載「仮説なんですが…」vol.36

* * *

 私はふだん不登校経験者と関わっているのだが、彼らからこういう話を聞くことが多くなった。「自分は不登校だったから、その経験を活かして、苦しんでいる人の役に立ちたい」。

 きっと、「自分にも何かできることはないか」と探しているのだろう。それ自体はすばらしいことだし、心から応援したい。「できること」はかならずあるよ、と。しかし、一方でこうも思うのだ。「べつに、人の役に立たなくてもいいんじゃない?」。

 不登校経験者たちが「役に立ちたい」と言うとき、その言葉の裏側に「私は社会にとって有用な存在でありたい」という思いを強く感じる。

 まるで彼らにとって不登校は人生の大きな欠損であり、「役に立つ」ことで埋め合わすことができるものであるかのようだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校」ではなく「不来校」を問題にすべき説

546号 2021/1/15

「葛藤が生まれたとき、その答えも生まれている」説

545号 2021/1/1

教育学者・内田良が「校則はもっとゆるくていい」と考える理由

544号 2020/12/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...

545号 2021/1/1

2020年は不登校やひきこもりをめぐってどんなが起きていたのか。新型コロナ...

544号 2020/12/15

いまの子どもの自信を奪っているものはなにか。これが私のライフテーマでした。...