不登校新聞

539号 2020/10/1

「1話せば10わかってくれる」不登校の親どうしでつながるススメ

2020年09月29日 12:34 by koguma

 不登校の子どもを持つ親に取材をしていると「悩んでいるのは私だけじゃないんだと思えたことで気持ちが楽になった」という話題が出ることがあります。同じように不登校で悩む親とつながれたことで、「私はひとりじゃない」と実感できた、と。

 私はこれまでの取材を通じ、親にとって、この実感が子どもと向き合う上での大事な「出発点」になると考えています。

 不登校でつらいのは、言うまでもなく子ども本人です。しかし、誤解を恐れずに言えば、親には親のつらさがあるものです。だからといって、そのつらさを子どもにぶつけることがあってはいけませんので、そんなときに大きな助けになるのが、同じ経験をした親の存在です。

 私はよく「親がひとりで抱え込もうとせず、わが家の不登校についてとことん話せる人や場所を見つけてほしい」とおすすめしています。

共感と失敗談

親どうしでつながることをおすすめする理由は大きく2つあります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校と「勉強の遅れ」塾探しの前に親がすべきたった1つのこと

581号 2022/7/1

子育てがしんどい親を守る3つのバリア

580号 2022/6/15

不登校のSOSを見逃さず受けとめるための2つのポイント

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...