不登校新聞

541号 2020/11/1

「子どもが一歩を踏み出すとき」専門家が指摘する、きほんのき

2020年10月27日 13:36 by kito-shin

 子どもが一歩を踏み出すとき。それはいつ、どんなきっかけで動き出すのか。そのために親にできることは何か。

 不登校の子どもを持つ親にとって「それが知りたい」という最たるテーマであり、それについて心理カウンセラーの内田良子さんの対談や講演録などを1冊にまとめたのが本書の内容です。

 内田良子さんは、病院の小児科に心理カウンセラーとして27年間勤務したほか、1998年から今日にいたるまで子ども相談室「モモの部屋」を主宰するなど、およそ半世紀にわたって不登校やひきこもりの子ども・親と向き合ってきました。

 本書のなかで、不登校やひきこもりの子ども若者を持つ親御さんにとくに読んでほしいのが第2章「親子の和解と修復のものがたり」です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもり当事者と支援員の7年間、部屋から出てくるまでの「物語」

567号 2021/12/1

ひきこもりは「ムダだった」と語る芸人・山田ルイ53世の深い思い

564号 2021/10/15

マンガで読める「摂食障害」。親や教員に読んでほしい1冊を紹介

560号 2021/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

567号 2021/12/1

いじめを受けて中学2年生で不登校。傷つけられた一言と、支えられた一言は、と...

566号 2021/11/15

不登校の子どもに何ができるのか。45年以上、相談を受けてきた心理カウンセラ...

565号 2021/11/1

衆議院議員総選挙をまぢかに控え、本紙では不登校や子ども関連の施策を主要政党...