不登校新聞

541号 2020/11/1

いじめ・不登校対応に76億円 文科省が21年度概算要求を発表

2020年10月27日 14:19 by kito-shin
2020年10月27日 14:19 by kito-shin

 文部科学省は9月29日、2021年度の概算要求を公表した。総額は5兆9118億円と、前年度比6058億円増加した。うち、いじめ対策や不登校支援にかかる予算として計上されたのは、およそ76億円。

専門家の配置

 「いじめ対策・不登校支援等総合推進事業」として計上された76億円は「早期発見・早期対応」と「いじめ対策・不登校支援等推進事業」に大別される。

 「早期発見・早期対応」は専門家を活用した相談体制の整備や関係機関との連携強化を目的に実施される事業で①「スクールカウンセラーの配置充実」におよそ53億円、②「スクールソーシャルワーカーの配置充実」におよそ19億円が計上されている。

 専門家の配置充実は、2018年6月に閣議決定された「第3期教育振興基本計画」に基づくもの。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【速報】「超党派多様な学びを創る議員連盟」発足 学校外の学びの支援拡充へ

591号 2022/12/1

【全文公開】不登校が過去最多の24万人超 最新の調査結果から読み解く不登校の現状

590号 2022/11/15

不登校大幅増加の背景に何が 文科省有識者会議委員が解説

590号 2022/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…