不登校新聞

542号 2020/11/15

小中高校でのいじめは61万件超 文科省が2019年度調査結果を発表

2020年11月15日 13:35 by kito-shin

 「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」によると、2019年度に小中高校などで認知されたいじめの件数は61万2496件(前年度比6万8563件増)と、過去最多となった。

 いじめの認知件数の増加は6年連続で、現行の調査方法(高等学校に通信制過程を含む)となった2013年度と比べるとおよそ3・2倍に増加している。

 いじめの認知件数の内訳を見ると▽小学校48万4545件(前年度比5万8701件増)▽中学校10万6524件(前年度比8820件増)▽高等学校1万8352件(前年度比643件増)▽特別支援学校3075件(前年度比399件増)だった。

 いじめを認知した学校数は3万583校と全学校数に占める割合は82・6%で、前年度から1・9ポイント増加した。

 2013年に成立した「いじめ防止対策推進法」第28条が規定する「重大事態」は723件と、前年度から121件増加した。このうち、「いじめにより不登校(年30日以上の欠席)」となったのは517件と、前年度から97件増加した。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...