不登校新聞

542号 2020/11/15

「自分はなんで生きているんだろう」BiSHアイナが語った不登校の理由

2020年11月15日 13:48 by kito-shin

 若者から圧倒的な支持を集めつつある、楽器を持たないパンクバンド「BiSH」。なかでもアイナ・ジ・エンドさんは、その歌唱力で存在感を示している。そんなアイナさんも学校へ行きづらかった経験を持つ1人。今回は不登校や高校中退をした2人の女性が聞き手となり、「いま自分が悩んでいること」を軸にお話をうかがった。

* * *

――私は、がんばり続けることがやめられなくて困っています。私には友だちもいるし、学校やアルバイトにも行けます。はたから見れば病んでいるように見えないかもしませんが、すごくがんばって今の状態を保っているんです。がんばり続けないと自分を保てず、素の自分ではいられなくなっちゃう。ただ、がんばっているから、ある日、疲れがどーっと出て来て動けなくなってしまう。大学も2度中退しました。どうしたらいいんでしょうか?(21歳・女性)

 がんばり続けてないと、しんどいという気持ち、よくわかります。ただ、素の自分でいればよい、とは私は思わないです。

 だって「彼氏ができた」、「今日はデートだ」とか、なんでもあけっぴろげに言われても聞いたほうが困ります。

 人前で取りつくろっていたり、自分に無理をしていたり、ウソをついてもよいと思うんです。作家・太宰治は、そういう行為を「道化」と呼んでいました。

道化だっていいじゃない

 太宰治は、時代の先端を歩いていた文豪ですが、一方で、人前ではおどけてウソをつくなど道化をせずにはいられない人でもありました。

 太宰治の自伝的小説『人間失格』などを読んだとき、「私もウソでつくられてきた」ってすごく共感したんです。

 だから、人前で素の自分を見せる必要はありません。道化だっていいんです。そのほうが私は魅力や奥行きを感じます。

 一方で「がんばり続ける」こと自体は、すごくしんどいことですよね。私もコロナ禍の前までは多忙すぎるスケジュールをこなしていた時期がありました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

理由を求める私たちに警笛、わかりにくいのが人間ですよ

543号 2020/12/1

日本初の変わったフリースクールが福島県郡山市に誕生

540号 2020/10/15

「治せない弱さが持ち味になった」俳優・佐藤二朗が伝えたいこと

539号 2020/10/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

543号 2020/12/1

「不登校の理由にわかりやすさのみを求めることは暴力的です」と語るフリーライ...

541号 2020/11/1

中学1年生から不登校だった女性(24歳)に取材。声優を夢見て進学したものの...

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...