不登校新聞

355号(2013.2.1)

不登校の歴史 第355回

2013年08月07日 14:59 by kito-shin

本紙創刊10周年 

 2008年を振り返るに当たり、最後に本紙創刊10周年にふれたい。


 98年3月に誕生した全国不登校新聞社が創刊号「不登校新聞」を創刊したのは同年5月1日だった。月2回、1度の欠号もなく10年継続できたことに大きな意義を感じた。

 99年6月にはNPO法人格を取得し、04年には紙面そのものをリニューアルした。ブランケット版6P立てから現在のタブロイド判8P立てに、名称も『不登校新聞』から『Fonte』に改称した。読者数の漸減への対応をしつつ、当事者視点の発信を続けた。また、読者はもちろんのこと、論説員や全国の通信員(親の会や居場所の世話人)、原稿料なしで書いてくださった方々、手をまっ黒にしながら新聞発送を手伝っていただいた方々など、多くのみなさまに感謝もしたかった。そして、これからに向けて考える一つの機会にしたかった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

470号 2017/11/15

性的少数者であることで学校に居づらくなり、不登校になる子どももいる。少数者...

469号 2017/11/1

わが家の息子たちは、もう「不登校」ではありませんが、不登校が「終わった」「...

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...