不登校新聞

543号 2020/12/1

フリースクールの選び方において、大事なポイントは3つあります

2020年12月01日 10:45 by motegiryoga

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.37

 今回のテーマは「フリースクール(居場所支援等)の選び方」です。保護者の相談は次のとおりです。

 「子どもが不登校になってしばらくたちました。今では家で元気にすごすようになり、最近はフリースクールに少し興味が出てきたようです。親としても、家にずっといるよりは、そろそろどこかへ行ってもいいのではないかと思っています。そこで、いろいろと調べてみたのですが、活動内容などがぜんぜんちがっていて、どこがよいのかわかりません。検討するうえで、何かポイントがあれば教えてください」。

 この相談の答えは、「『よいところ』はきっと子どもが知っている」です。そして、親として大事にしたいポイントが3点あります。「子どもがどこにいたいのか知ること」、「子どもの気持ちを大事にすること」「子どもの安心安全を確保すること」です。

可能性のひとつ

 まず、「子どもはどこにいたいのか」を考えてみると、フリースクールにかぎらず、あらゆる可能性があると思います。それまで絶対的な存在だった学校も同じように、可能性のひとつとして捉え直すことができた子もいます。ほかにも塾や習い事、図書館などの公共施設、家庭のなかも含めて、子どもが「居たいな」と思える場がどこなのかをしっかりつかむことが一番大切なのだと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの「社会的自立」のために大切にしたい2つのこと

546号 2021/1/15

不登校からの進学、親として考えるべきポイントは

545号 2021/1/1

「学校へ行きたいけど行けない」子どもの訴えを受けとめるコツ

544号 2020/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...