不登校新聞

543号 2020/12/1

理由を求める私たちに警笛、わかりにくいのが人間ですよ

2020年12月01日 10:22 by motegiryoga

 今回インタビューしたのは、フリーライター・武田砂鉄さん。武田さんは『わかりやすさの罪』などの著書を通じて「わかりやすいメッセージ」が持つ危うさについて発信している。なぜ「わかりやすい」ことが危ういのか、お話をうかがった。

***

――私には不登校の経験があるのですが、先生から何度も不登校の原因を聞かれました。しかし、わかりやすい説明ができず、つらい思いをしてきました。

 人って、わかりやすい理由を見つけることで安心するんですよね。子どもの不登校の原因を、「〇〇だから登校しない」というわかりやすい理由に絞り込み、先生はそれをどうにかしようとする。先生にとっては、ほかの子が不登校にならないための改善策なのかもしれませんが、子どもからすれば複数の理由があるかもしれないし、言葉の奥にある本心を先生が取りこぼしているかもしれない。わかりやすい理由のみがすくい上げられて、ほかの理由が排除されているとしたら、暴力的なことです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校は法律違反ではありません。教育研究者が子どもに伝えたいこと

545号 2021/1/1

小学生からの受験ストレスが18歳で爆発したドラマ―の苦悩

544号 2020/12/15

「自分はなんで生きているんだろう」BiSHアイナが語った不登校の理由

542号 2020/11/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...

545号 2021/1/1

2020年は不登校やひきこもりをめぐってどんなが起きていたのか。新型コロナ...

544号 2020/12/15

いまの子どもの自信を奪っているものはなにか。これが私のライフテーマでした。...