不登校新聞

544号 2020/12/15

小学生からの受験ストレスが18歳で爆発したドラマ―の苦悩

2020年12月15日 11:26 by kito-shin

 YouTubeチャンネルにてPACAO(パカオ)名義でゲーム実況者として活躍している鈴木貴雄さんにインタビューした。鈴木さんは不登校を経験し、バンドUNISON SQUARE GARDEN( ユニゾン・スクエア・ガーデン)のドラマーとしても活動中。不登校当時の心境や、自分にとってゲームとはどのようなものなのか、18歳の不登校経験者がインタビューした。

――どんな子ども時代をすごしていましたか。

 「勉強をしてよい学校へ行く」という大多数の人が歩むレールに、とことん苦しんだ子ども時代でした。小学校高学年のころから、いつのまにか「中学受験をするのは当たり前」というような雰囲気が家族のなかにありました。塾で勉強していたので、夜11時くらいまで家に帰れないというくらい、勉強づけの毎日を送っていました。

 しかし、自分がしている勉強にどんな意味があるのか、まったくわかりませんでした。「勉強のその先」に何があるのかはまったく教えてくれないくせに、ただえらそうに勉強だけをさせるのは理不尽だなと、親や先生に対し、反抗心を覚えていました。「この道に進みたい、そのためにはこの勉強が必要だ」ということなら、がんばって取り組めるんです。でもゴールがわからないまま、ただ勉強をやらされるのは不安だし、やる意味がわからないですよ。そして塾から家に帰ったら帰ったで、両親はいつも大声でケンカしていて、兄弟仲も悪い。そんな家族だったので、学校にも家にも居場所がなかったんです。

 そのころから、塾が終わったあとに、親からもらった食事代で友だちとゲームセンターに入り浸るようになったんです。家と学校に居場所がなくなって、それ以外の場に居場所を求めていたんだと思います。だからゲームセンターで友人や店長さんとコミュニケーションしたり、一人でゲームに没頭することが 自分にとって大事な居場所でした。それ以来、学校へ行ったり行かなかったりをくり返すようになって、高校3年生のころはほとんど行かなくなっていました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

あざや傷あと「見た目問題」から考える自分に合った生き方とは

574号 2022/3/15

わが子の不登校悩んだ末に見つけた日常をゆるっとすごすコツとは

573号 2022/3/1

今悩んでいる子を支えたい。フリースクールの現状と展望

572号 2022/2/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...