不登校新聞

544号 2020/12/15

教育学者・内田良が「校則はもっとゆるくていい」と考える理由

2020年12月15日 11:14 by kito-shin


教育学者・内田良さん

連載「仮説なんですが…」vol.41

 2020年度は新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちは連日にわたって子どもの安全・安心を考えつづけました。学校のさまざまな教育活動は、縮小や廃止などの対応を迫られることになりました。

 校則もその一つです。学校にはたくさんの理不尽な規則があります。それがコロナ禍のなかで「ゆるく」なりました。

 最初にゆるくなったのは、マスクの色でした。校則ではしばしば、身に着ける物の色が指定されています。派手な色は「華美なもの」であり、子どもの生活や学校の秩序が乱れることにつながっていくと懸念されるのです。

 マスクについては、白のみとする学校が多くありました。ところが2月半ばごろから、全国各地でマスクの入手が困難になりました。もはや色柄を選んでいる場合ではありません。

 数カ月を経た今、マスクの種類はおどろくほどに多様化しました。学校でもさまざまな色柄を見ることができます。さて、子どもの生活は乱れ、学校は荒れ放題となってしまったでしょうか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクール代表が仮説を提言「実は不登校は増えていない」説

551号 2021/4/1

なぜ現在の支援は不十分なのか、ひきこもり経験者が考えてみた

550号 2021/3/15

「不登校の理解が広がると同時に分断も深まる」説

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...