不登校新聞

544号 2020/12/15

ひきこもり経験は人それぞれ、16人の語りをまとめた1冊【書籍紹介】

2020年12月15日 11:13 by kito-shin

 内閣府によると、ひきこもりとされる人は全国でおよそ100万人いるとされています。2019年には東京と神奈川で凄惨な事件が相次ぎ、「女性のひきこもり」や「8050問題」など、ひきこもりに関する注目が近年、高まりつつあります。最近でも、テレビドラマを始めとする特集をNHKが組んでいます。

 本書は「いまこそ語ろう、それぞれのひきこもり」と題し、ひきこもり経験者ら16名が各々の立場から実体験などをもとにした語りを集約しています。

 本書の特徴は、30代から50代までと幅広い執筆者をそろえたことにあります。不登校経験がある人もいれば、ない人もいます。ひきこもった期間も数カ月間という人もいれば、数年間という人もいます。10代でひきこもった人から離職後に30歳前後でひきこもった人もいます。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

精神薬の「やめ方」と使い方を児童精神科医が解説【書籍紹介】

551号 2021/4/1

ちゃんとした大人にならなきゃ、不登校その後の「呪い」が晴れるまで【書籍紹介】

550号 2021/3/15

フリースクール「りんごの木」、30年の歩みを1冊の本で紹介

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...