不登校新聞

546号 2021/1/15

「不登校」ではなく「不来校」を問題にすべき説

2021年01月15日 12:31 by motegiryoga

連載「仮説なんですが…」vol.43

 「不登校」は何十年も前から、子どもの側に問題があるかのように捉えられてきた。統計調査やニュースでも、「不登校が最多を更新」というと、問題児が増えたように感じられる。私は小学校からの「不登校」で、自分の経験を何回も考えてきたけれど、やはりこの捉え方はおかしいと思う。

 社会が取り組むべきなのは、「不登校」ではなく「不来校」の問題だと思う。「登校しない子ども」に、問題があるとはかぎらない。自宅でいきいきとすごしている子もいれば、フリースクールで学習している子もいる。

義務教育とは

 文科省も、2016年に「不登校は問題行動ではない」と明言している。義務教育は、「大人が子どもに教育を受けさせる義務」のことで、「子どもが学校へ行く義務」ではない。ひとりの子どもの「不・登校」自体に問題はないはずだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「よい場には、ちょうどいいゆるさが必要である」説

548号 2021/2/15

不登校への印象を明るくするだけで、はたして不登校は解決するのか

547号 2021/2/1

「葛藤が生まれたとき、その答えも生まれている」説

545号 2021/1/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...

545号 2021/1/1

2020年は不登校やひきこもりをめぐってどんなが起きていたのか。新型コロナ...