不登校新聞

546号 2021/1/15

「1日でも早く学校に戻さねば」私のやり方は逆効果でした

2021年01月15日 12:29 by kito-shin
2021年01月15日 12:29 by kito-shin

 息子は現在20歳の大学1年生です。不登校が始まったのは中学2年生になってすぐのころでした。

 中学生というのは成長にともない、気持ちが不安定になり、人間関係やいろんなことで悩む時期。ときに親子でぶつかることもあるだろうと覚悟はしていました。

 しかし、不登校になるとは思ってもいませんでした。とにかく、この子を1日も早く学校に戻さねばと家族も、学校の先生たちも、一生懸命でした。

学校からどんどん遠ざかる息子の足

 ですが、息子の足は学校からどんどんと遠ざかっていき、学校へ戻る気配はありませんでした。こんな状況にうんざりすることもありました。結局、中学校には戻れないまま卒業。もちろん卒業式にも出席しませんでした。

 卒業後は通信制高校へ進学。最初はがんばって登校していましたが、1年生の終わりごろにはまた行かなくなり、次年度は休学することになりました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【全文公開】部屋にこもり親を遠ざける息子 固く閉ざされた心を溶かした父の対応

591号 2022/12/1

「強く育てないと」「楽になりたい」不登校の娘と母に起きたすれちがい

588号 2022/10/15

「このままでは親子で共倒れだ」小1で不登校した娘との闘いの日々

587号 2022/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…