不登校新聞

547号 2021/2/1

「不登校だったように見えない」と言われるのが私はイヤだった

2021年02月01日 10:07 by motegiryoga

 さゆりさんは、自分の不登校経験に対する周囲からの言葉にずっと、とまどいを感じていたという。心のうちを書いていただいた。

*  *  *

「え、不登校だったの? ぜんぜん見えないよ~」 「一軍女子!って感じで毎日、楽しそうだよね~」。これは私が不登校を経験してから今まで、まわりからずっと言われてきた言葉だ。私は、この言葉をかけられるたびに、「うれしいけどなんかイヤだな」と、ずっと違和感をおぼえながら生きてきた。

 私は、中学3年生で不登校になった。小学生のころに同級生から受けたいじめのトラウマで「ありのままの自分でいたら、またいじめにあうにちがいない。だからできるだけまわりに合わせなければ」と中学生だった私はかなり無理をしていた。しだいにまわりに合わせた自分で居続けなければならない環境に耐えられなくなり、中学3年の夏休み明けに体調を崩した。そして、そのまま私は不登校になったのだ。

 不登校になってからは、落ち込むこともあったが正直ラクに感じる部分もたくさんあった。もう、まわりの目を気にしなくてよくなったことが大きかったのだろう。むしろ、「なんでもっと早く学校へ行かない選択をしなかったのだろう」と後悔したくらいだった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

地元の同級生から逃げ続けていた私が成人式に出席して感じたこと

569号 2022/1/1

「お約束の展開」とはちがう、ひきこもり男性の話

569号 2022/1/1

私が苦しんだ「自意識」から解放されるまで【18歳の不登校当事者手記】

568号 2021/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...