不登校新聞

547号 2021/2/1

「不登校だったように見えない」と言われるのが私はイヤだった

2021年02月01日 10:07 by motegiryoga

 さゆりさんは、自分の不登校経験に対する周囲からの言葉にずっと、とまどいを感じていたという。心のうちを書いていただいた。

*  *  *

「え、不登校だったの? ぜんぜん見えないよ~」 「一軍女子!って感じで毎日、楽しそうだよね~」。これは私が不登校を経験してから今まで、まわりからずっと言われてきた言葉だ。私は、この言葉をかけられるたびに、「うれしいけどなんかイヤだな」と、ずっと違和感をおぼえながら生きてきた。

 私は、中学3年生で不登校になった。小学生のころに同級生から受けたいじめのトラウマで「ありのままの自分でいたら、またいじめにあうにちがいない。だからできるだけまわりに合わせなければ」と中学生だった私はかなり無理をしていた。しだいにまわりに合わせた自分で居続けなければならない環境に耐えられなくなり、中学3年の夏休み明けに体調を崩した。そして、そのまま私は不登校になったのだ。

 不登校になってからは、落ち込むこともあったが正直ラクに感じる部分もたくさんあった。もう、まわりの目を気にしなくてよくなったことが大きかったのだろう。むしろ、「なんでもっと早く学校へ行かない選択をしなかったのだろう」と後悔したくらいだった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

無視、暴力、SNSでの悪口、経験者3名が語るいじめの昔と今

549号 2021/3/1

「不登校で人生が終わった」と思っていた私が経験してきたこと

549号 2021/3/1

不登校になるまで追い詰められた3つの理由

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...