不登校新聞

547号 2021/2/1

中学に上がると不登校は倍増、経験者がつづる「中学校の壁」

2021年02月01日 10:05 by motegiryoga

 今号より不登校経験者によるリレー連載「私がぶつかった中学校の壁」を掲載いたします。2019年度の調査では、小中学校の不登校約18万人のうち、小学生は約5万人、中学生は約13万人でした。中学校に上がると、勉強がむずかしくなったり、部活で上下関係ができたりと、小学校に比べさまざまな変化があります。不登校経験者たちはどんな壁にぶつかり、どのように感じたのでしょうか。

*  *  *

 私の「中学の壁」は「制服のスカート」です。

 私の通った地元の公立中学校には、ご多分に漏れず、制服がありました。硬くて、ひざ下まである長いスカートと、硬い上着です。上着のほうは、肩が少しだけ動かしづらいだけでした。でも、スカートは、本当にたいへんでした。

 硬くゴワゴワしていて、気持ちが悪かったし、なんだかチクチクして、かゆかったのです。なによりつらかったのは、スカートをはいていると、よく転ぶようになった、ということです。

 小学生時代の私は「運動能力証」という、運動能力が優れている証をもらえるくらい、運動ができたのです。とくに持久走などでは、負け知らずと言っていいほどでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

中学で人間関係に苦しんだ僕、見つけたのは自分を守れる術

553号 2021/5/1

他人の目を恐れてた中学生の自分に28歳になった今伝えたいこと

552号 2021/4/15

高校へ行ってと親は言うけれど、私は通える自信がなかったんです

551号 2021/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...