不登校新聞

547号 2021/2/1

不登校への印象を明るくするだけで、はたして不登校は解決するのか

2021年02月01日 10:05 by motegiryoga

 昨年のことになるが、「不登校」に変わる新しい名称をつくって「負のイメージ」を変えようと活動されている方のことがニュースになった。新名称は公募の結果「スクール・ノマド」となったそうだ。ノマドとは「遊牧民」の意味で、最近では「ノマドワーカー」などと使われる場合がある。特定の場所を持たずに働く人々のことである。「スクール・ノマド」は定着していないものの、当時はそこそこの話題になった。

 また、「不登校は不幸ではない」というキャンペーンをされている方がいる。自分は学校へ行かないことでむしろ元気に明るくなった。だから、不登校は不幸じゃないし「不登校は不幸じゃない」というポジティブなメッセージを社会に発信したいという。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

やりなおしがきかないのは「歯」、5年ひきこもった経験者の実体験

553号 2021/5/1

「学校は無理に行くところじゃない」と現役教員が思う理由

552号 2021/4/15

フリースクール代表が仮説を提言「実は不登校は増えていない」説

551号 2021/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...