不登校新聞

547号 2021/2/1

ひきこもりながら働いています。ひきこもりを雇うIT会社の挑戦【書籍紹介】

2021年02月01日 10:04 by koguma

 「ウチらめっちゃ細かいんで」。通称「めちゃコマ」。なんとも不思議な名前ですが、れっきとした株式会社の社名です。「めちゃコマ」とは、いわゆるIT関連の会社ですが、スタッフの主体はひきこもり当事者や経験者。現在は完全な在宅勤務で30名近い人たちが働いているというちょっとめずらしい会社です。「ひきこもり×在宅×IT」を通じ、生きづらさを感じているけど仕事はしたいと思っている人たちが安心して働けるように、との思いで設立されました。

 「めちゃコマ」を立ち上げた佐藤啓さんには、ひきこもりのいとこが2人いて、そのことがいつも頭の片隅にひっかかっていたと話します。そして、ひきこもりの当事者会や経験者の集まりやイベントに何度も足を運び、あることに気づきます。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクール「りんごの木」、30年の歩みを1冊の本で紹介

549号 2021/3/1

ゲーム障害やネット依存症に不安を抱える親に読んでほしい1冊

548号 2021/2/15

ひきこもり経験は人それぞれ、16人の語りをまとめた1冊【書籍紹介】

544号 2020/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...