不登校新聞

547号 2021/2/1

不登校の子が親に言えなかった「再登校できない」理由

2021年02月01日 10:04 by koguma


加嶋文哉さん

連載「親の失敗談から見えること」vol.2

 Aさんの娘さんが不登校を始めたのは、小学校5年生の9月です。きっかけは、なかよしだと思っていた友だちからの無視でした。

 スクールカウンセラーに相談をしたら「しばらく休ませてみませんか」と言われました。学校を休ませると、うそのように元気になりました。好きなピアノやクッキーづくりもするようになりました。「学校を休ませて正解!」と思いました。

 子どもが元気になると、少しがんばらせて学校へ行かせたほうがよいのではないかと思うようになりました。学校に相談したら「放課後の登校から始めてみませんか」と言われました。本人に言うと、「うん、大丈夫。学校へ行ってみる」と返事。放課後に連れて行って、玄関で先生に会うようにしましたが、明るい表情を見せるときもあれば、暗いときもあります。家に着くと「はあ」と大きなため息をついてつらそうです。なんだか、学校を休み始めた元気のない状態に戻っていくようでした。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校は見守るだけでいいのか」失敗談から見えた向き合い方

546号 2021/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...

545号 2021/1/1

2020年は不登校やひきこもりをめぐってどんなが起きていたのか。新型コロナ...