不登校新聞

547号 2021/2/1

不登校の子が親に言えなかった「再登校できない」理由

2021年02月01日 10:04 by koguma


加嶋文哉さん

連載「親の失敗談から見えること」vol.2

 Aさんの娘さんが不登校を始めたのは、小学校5年生の9月です。きっかけは、なかよしだと思っていた友だちからの無視でした。

 スクールカウンセラーに相談をしたら「しばらく休ませてみませんか」と言われました。学校を休ませると、うそのように元気になりました。好きなピアノやクッキーづくりもするようになりました。「学校を休ませて正解!」と思いました。

 子どもが元気になると、少しがんばらせて学校へ行かせたほうがよいのではないかと思うようになりました。学校に相談したら「放課後の登校から始めてみませんか」と言われました。本人に言うと、「うん、大丈夫。学校へ行ってみる」と返事。放課後に連れて行って、玄関で先生に会うようにしましたが、明るい表情を見せるときもあれば、暗いときもあります。家に着くと「はあ」と大きなため息をついてつらそうです。なんだか、学校を休み始めた元気のない状態に戻っていくようでした。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ゲームばかりで昼夜逆転の子ども。支援者が語る寄り添い方

568号 2021/12/15

不登校が思うように「回復しない」。親どうしが交わした言葉とは

566号 2021/11/15

「お兄ちゃんだけ不登校はズルい」兄弟の不登校問題、どうすれば?

564号 2021/10/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...