不登校新聞

548号 2021/2/15

「よい場には、ちょうどいいゆるさが必要である」説

2021年02月12日 12:32 by motegiryoga

連載「仮説なんですが…」vol.45

 全国不登校新聞社には不登校やひきこもりの当事者・経験者でつくるグループ、「子ども若者編集部」がある。僕はその担当者として、5年ほど運営に関わってきた。

 「子ども若者編集部」は当事者の生の声を紙面に反映すべく、メンバーによる月1回の編集会議を行なうほか、専用SNSでの交流などもしている。『不登校新聞』発刊当初から存在し、最初のメンバーは現・編集長の石井志昂ら。立ち上げたころは、会議に集まるメンバーが2名~3名という時期も、長くあったそうだ。

 2年前から、「子ども若者編集会議」はプチリニューアルを行なっている。それまでは毎回、ほとんどなんの準備もせず、集まったメンバーと雑談をし、そのなかから企画が生まれてくればいいなあ、という感じの場であった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校への印象を明るくするだけで、はたして不登校は解決するのか

547号 2021/2/1

「不登校」ではなく「不来校」を問題にすべき説

546号 2021/1/15

「葛藤が生まれたとき、その答えも生まれている」説

545号 2021/1/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...

545号 2021/1/1

2020年は不登校やひきこもりをめぐってどんなが起きていたのか。新型コロナ...