不登校新聞

548号 2021/2/15

「登校だけが目標ではない」都教委が不登校支援の方針を周知

2021年02月12日 12:31 by koguma


冊子『未来を創るかけがえのない子供たちの自立に向けて』より編集部作成

 東京都教育委員会は1月、不登校児童生徒の支援のポイントをまとめた冊子を作成した。教職員と保護者に向けて作成されたもので▽不登校の理解の基本や支援の視点▽学校における支援▽学校外の施設等での相談・指導、などについてまとめている。都内の不登校児童生徒数が増加傾向にあるなか、「教育機会確保法」(17年2月)、文科省通知「不登校児童生徒への支f援の在り方について」(19年10月)を受け、フリースクール等との連携が求められるようになり、教職員や保護者が同法や同通知への理解を深める必要がある、というのが作成の背景だ。

 不登校の理解の基本として「人間関係が崩れたり、勉強がわからなくなったりするなど、さまざまな要因・背景の結果として起きた状態」「問題行動ではない」「取り巻く環境によって、どの子にも起こり得る」という3点を挙げた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小中高校でのいじめは61万件超 文科省が2019年度調査結果を発表

542号 2020/11/15

小学生の120人に1人が不登校、不登校過去最多の18万人超え

542号 2020/11/15

いじめ・不登校対応に76億円 文科省が21年度概算要求を発表

541号 2020/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...

545号 2021/1/1

2020年は不登校やひきこもりをめぐってどんなが起きていたのか。新型コロナ...