不登校新聞

548号 2021/2/15

ゲーム障害やネット依存症に不安を抱える親に読んでほしい1冊

2021年02月12日 12:29 by koguma
2021年02月12日 12:29 by koguma

 わが子の不登校をめぐり、親を悩ませる問題のひとつに「ゲームやインターネットとの付き合い方」がしばしば話題にあがります。最近では依存や障害という言葉とセットで取り上げられることも多く、その危険性や予防方法などを指摘する記事や書籍も散見されます。「悪者扱い」されがちなゲームやインターネットですが、本書の著者である吉川徹さんは、これまでとはちがったポジティブな方向からこの問題に取り組むとおっしゃっています。

 児童精神科医である吉川徹さんがいま夢中になっているのが「ポケモンGO」。この一言だけでも私個人は惹きつけられます。ゲーム好きの大人がゲームを擁護しているからではありません。大人として子どもが好きなゲームのことをよく知っているからです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「つぎに生まれるなら虫がいい」学校に苦しむ子どもの本音に触れる一冊

595号 2023/2/1

子どものSOSをどうキャッチすればよいか【書籍紹介】

594号 2023/1/15

不登校その後の学びの場を網羅 学校以外の選択肢がわかる1冊

592号 2022/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…