不登校新聞

548号 2021/2/15

「学校に行きたくない」と言われたら。子どもの気持ちとの向き合い方

2021年02月12日 12:29 by shiko


フリースクール代表・石山佳秀さん

 「学校には行きたくない」と子どもから言われたら、親はその気持ちとどう向き合っていったらいいのでしょうか。「フリースクール三重シューレ」で、長年、不登校の子と歩んできた石山佳秀さんにお話をうかがってきました。

* * *

 子どもから「学校に行きたくない」と言われて、親としてどうしたらいいのかを考えたとき、子どもがそこに至るまでの気持ちを言えなかったとしても、私だったら最初にこう答えると思います。

 「学校に行きたくないという思いを聞けて、本当によかった。ありがとう」と。
なぜなら、子どもが望まない人生をそうとは知らずに応援してしまったら、私自身も一生後悔すると思っているからです。

 私の長男は生後2カ月のころ、命に関わる高熱を出して入院したことがあり、そのとき私の心に刻まれたことがあります。ひとつは、生きていればいいこと。そして、生きていられたら、私はこの子の人生を絶対に邪魔しないということです。

 そんな私ですので、「ありがとう」と言ったあとにこう言います。

 「父ちゃんはどんなときも『今』の気持ちを応援していきたい。学校へ行く、行かない、もしくはこんなことをやりたいというのが、この先どんどん変わってもいい。そのときは遠慮なく父ちゃんに言ってほしい」と。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校経験者が聞く先生のホンネ「不登校、どう思っていますか?」

553号 2021/5/1

5人に1人は「とても繊細な人」繊細さは幸せにつながる素敵な感性

553号 2021/5/1

不登校時の趣味を仕事にした漫画家が描く「僕の不登校その後」

552号 2021/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...