不登校新聞

296号(2010.8.15)

Q&A「自主的なペナルティ?」

2013年10月22日 15:26 by kito-shin



不合理な多数決によるペナルティは体罰


 小学校6年の娘のクラスでは、忘れ物や遅刻をすると、クラス全員の前でペナルティ(罰)として「放課後に運動場を走ります」と言わされ、クラスで決めた回数走る決まりがあるそうです。娘はそれがいやだと言って学校は休みがちです。担任に相談しても、ペナルティは子どもたちが自主的につくった決まりだと言います。どう考えたらいいのでしょう。(母親)

 忘れ物や遅刻のペナルティとして、放課後に運動場を走ることを強制するのは、学校教育法が禁止する体罰です。

 担任は体罰ではなく「本人の意思で走っている」と言うかもしれません。

 しかし、クラスの多数が決定し、指導する立場にある担任がそれを許容しているのですから、本人にとってはそれを拒否できません。本人にとっては、ペナルティで走らされることはどんなにか屈辱で恥ずかしいと感じることでしょう。そういう心身の苦痛があってこそペナルティの意味があるのだから、まさしく体罰です。

 そのペナルティはクラスの子どもたちが自主的につくった決まりだというのは、ウソです。忘れ物や遅刻が「悪」というのはもともと大人の管理の発想であり、その管理下で子どもたちが決まりをつくるかたちをとったにすぎません。戦争でシベリアに抑留された日本人捕虜が相互監視させられたのと似ていますね。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの摂食障害 背景にある苦悩への思いやりを

190号(2006.3.15)

担任が変わった際のポイント 不登校Q&A

192号(2006.4.15)

「お盆休みの里帰りがしんどい」不登校の親子で乗り切るコツは

512号 2019/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...