不登校新聞

549号 2021/3/1

「不登校で人生が終わった」と思っていた私が経験してきたこと

2021年03月02日 17:26 by motegiryoga

 今回執筆したハヤトさんは、「不登校になって人生が終わったと思っていたけれど、そうではなかった」と言う。当時から今にいたる経緯や思いを書いていただいた。

* * *

 私は、中学で不登校になったとき「自分の人生は終わった」と思っていました。しかし、不登校になったからといって、私の人生は終わりませんでした。そして、不登校から生きながらえた先で、私は体罰や友人の自死を経験しました。

 中学3年生のゴールデンウイーク明けから、私は学校へ行けなくなりました。部活動で初めて副部長になり、責任の大きさに耐え切れなくなったこと。高校受験という未経験のプレッシャーに飲み込まれたこと。そして、新しいクラスにまったくなじめなかったことなど、不登校になった理由はいくつかあります。

 当時はそれらの苦痛が合わさったことで憂鬱になり、何もかもが手につかなくなりました。両親の「勉強して『よい高校』へ行くべき」という期待に応えられない自分にも大きく失望しました。

 学校へ行かず、自分の部屋で日々、もんもんとすごしながら「私は何もできない。思い描いていた、よい高校への進路もなくなった。不登校になって、私の人生終わったんだ」と心の底から思っていました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

地元の同級生から逃げ続けていた私が成人式に出席して感じたこと

569号 2022/1/1

「お約束の展開」とはちがう、ひきこもり男性の話

569号 2022/1/1

私が苦しんだ「自意識」から解放されるまで【18歳の不登校当事者手記】

568号 2021/12/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...