不登校新聞

549号 2021/3/1

フリースクール「りんごの木」、30年の歩みを1冊の本で紹介

2021年03月01日 17:00 by koguma

 今回は、埼玉県越谷市にあるフリースクール「りんごの木」が発行した『りんごの木30周年記念誌』を紹介します。30年の節目となった2020年はコロナ禍により、フリースクールの閉所や、記念イベントが開催できないなど、活動を制限せざるをえなかった1年だったといいます。「りんごの木」では創設以来、5年ごとに記念誌を発行しており、そうした状況下で「りんごの木」で育った20歳前後の若者とスタッフを中心に作成したのが本書です。

 内容を見ていくと、「りんごの木」の30年を年表でふり返るほか▽OG座談会▽不登校の先輩お母さんに聞く不登校Q&A▽スタッフ座談会に加え、「不登校について考えよう」と題し、記念誌作成に携わった子どもたちによる座談会も掲載されているなど、全94ページに「りんごの木」の30年の歩みがつまっています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりに20年関わってきた当事者が語るひきこもりの真実

570号 2022/1/15

ひきこもり当事者と支援員の7年間、部屋から出てくるまでの「物語」

567号 2021/12/1

ひきこもりは「ムダだった」と語る芸人・山田ルイ53世の深い思い

564号 2021/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...