不登校新聞

549号 2021/3/1

フリースクール「りんごの木」、30年の歩みを1冊の本で紹介

2021年03月01日 17:00 by koguma

 今回は、埼玉県越谷市にあるフリースクール「りんごの木」が発行した『りんごの木30周年記念誌』を紹介します。30年の節目となった2020年はコロナ禍により、フリースクールの閉所や、記念イベントが開催できないなど、活動を制限せざるをえなかった1年だったといいます。「りんごの木」では創設以来、5年ごとに記念誌を発行しており、そうした状況下で「りんごの木」で育った20歳前後の若者とスタッフを中心に作成したのが本書です。

 内容を見ていくと、「りんごの木」の30年を年表でふり返るほか▽OG座談会▽不登校の先輩お母さんに聞く不登校Q&A▽スタッフ座談会に加え、「不登校について考えよう」と題し、記念誌作成に携わった子どもたちによる座談会も掲載されているなど、全94ページに「りんごの木」の30年の歩みがつまっています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

精神薬の「やめ方」と使い方を児童精神科医が解説【書籍紹介】

551号 2021/4/1

ちゃんとした大人にならなきゃ、不登校その後の「呪い」が晴れるまで【書籍紹介】

550号 2021/3/15

ゲーム障害やネット依存症に不安を抱える親に読んでほしい1冊

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...