不登校新聞

549号 2021/3/1

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

2021年03月01日 16:58 by koguma

 認定NPO法人チャイルドライン支援センターが「2020チャイルドライン年次報告」を取りまとめた。同センターでは新型コロナウイルスの流行に伴う子どもたちへの影響を検証するため、緊急調査を実施。一斉休校が発出された以降の2カ月間の子どもたちの声を、社会状況とあわせて分析している。

 2020年2月28日から4月30日にかけて「新型コロナウイルス」に関連すると思われる相談内容は、のべ730件だった。

 相談内容について主訴ごとに見ていくと、もっとも多かったのは「自分」に関するもので、63・6%だった。ついで多かったのは「家庭」(12・6%)で▽「学校」(10・8%)▽「性」(7・4%)と続く。各項目について「気持ち」の部分から分類すると「ネガティブ感情」が62・3%だった一方、「ポジティブ感情」は6・2%と、10倍の開きがあった。

 このうち、「不安」について週ごとに見ていくと、3月27日以降に急増している。チャイルドライン支援センターでは、子どもたちのなかで、著名人の感染や死亡に関するニュースで危機感が増したこと、長期化する状況へのとまどいが原因と考えられると分析している。

著名人の死 連日の報道

 今回の調査では、コロナ禍でのおもな出来事と、その際に寄せられた子どもの声についてもまとめている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

「登校だけが目標ではない」都教委が不登校支援の方針を周知

548号 2021/2/15

小中高校でのいじめは61万件超 文科省が2019年度調査結果を発表

542号 2020/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...