不登校新聞

549号 2021/3/1

学校へ行かない息子を信じて待てなかった理由

2021年03月01日 16:58 by kito-shin

 「不登校の自分を受けいれてくれた。優しく接してくれ、葛藤がないように見えた」と息子は思っているようだ。今はよい関係、自然体で付き合えるので、よい記憶しか残っていないのではないかと思う。親が「信じて待てる」ようになったのだと思ってくれているのかもしれないが「信じて待つ」というのは、それほどかんたんなことではなかった。

 息子は中学2年から学校へ行けなくなった。私自身、息子と関係する先生や学校に対する不信感が強かったので、学校へ行かないことに反対はしなかった。一方で、家にいる息子とどう接したらよいのかわからなくなっていた。家にずっといると社会に出るきっかけもなくなってしまい、よくないことだとも思っていた。少しでもヒントがほしいと思い、不登校の親の会に参加した。「何気ない世間話、あたたかい食事をいっしょに食べるなど、特別なことではなく『日常生活』をするとよい」と言われ、とにかく実践してみた。

待てなかった

 不登校が始まってから1年、暴力やひどい幼児返りも収まり、不安定な状態から抜けられるかというころ、高校進学がチラついてきた。「定時制や通信制の資料だけでも集めるから」と言う担任の助言もあり、ついに居間のテーブルに高校の資料を置いた。あとから思うと、子どもが高校へ行きたいと言ったわけではないのに、私の都合でやってしまった。「待てなかった」のだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小学校の入学式直後から不登校も問題がなく大学へ進んだ道のり

570号 2022/1/15

わが子は3人中2人が発達障害。学び育つなかで見つけたコツ

568号 2021/12/15

不登校で気になる10個の疑問、ある親に全部、聞いてみました

564号 2021/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...