不登校新聞

549号 2021/3/1

学校へ行かない息子を信じて待てなかった理由

2021年03月01日 16:58 by kito-shin

 「不登校の自分を受けいれてくれた。優しく接してくれ、葛藤がないように見えた」と息子は思っているようだ。今はよい関係、自然体で付き合えるので、よい記憶しか残っていないのではないかと思う。親が「信じて待てる」ようになったのだと思ってくれているのかもしれないが「信じて待つ」というのは、それほどかんたんなことではなかった。

 息子は中学2年から学校へ行けなくなった。私自身、息子と関係する先生や学校に対する不信感が強かったので、学校へ行かないことに反対はしなかった。一方で、家にいる息子とどう接したらよいのかわからなくなっていた。家にずっといると社会に出るきっかけもなくなってしまい、よくないことだとも思っていた。少しでもヒントがほしいと思い、不登校の親の会に参加した。「何気ない世間話、あたたかい食事をいっしょに食べるなど、特別なことではなく『日常生活』をするとよい」と言われ、とにかく実践してみた。

待てなかった

 不登校が始まってから1年、暴力やひどい幼児返りも収まり、不安定な状態から抜けられるかというころ、高校進学がチラついてきた。「定時制や通信制の資料だけでも集めるから」と言う担任の助言もあり、ついに居間のテーブルに高校の資料を置いた。あとから思うと、子どもが高校へ行きたいと言ったわけではないのに、私の都合でやってしまった。「待てなかった」のだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の息子の対応で夫婦が同じ方向を向くようになったきっかけ

579号 2022/6/1

母・支援者として見てきた不登校の20年、親子で大丈夫と思えるために必要なこと

578号 2022/5/15

離島における不登校の現実、親のしんどさ 奄美大島に誕生した「フリースクールMINE」

578号 2022/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...