不登校新聞

550号 2021/3/15

ひといき

2021年03月11日 12:12 by kito-shin
2021年03月11日 12:12 by kito-shin

 コブシの花がきれいに咲き始めていて、あの真っ白な色を見ると春の訪れを感じます。

 ただ、不思議なもので、木の大きさ自体はさほどかわらないし、咲いている場所もほとんど同じなのに、花の咲き方が木によってまちまち。そんなコブシを見て、ふと考えてしまいました。「私って窮屈な生き物だな」って。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

587号 2022/10/1

編集後記

587号 2022/10/1

『不登校新聞』新編集長よりごあいさつ 私たちが届けたいものは

586号 2022/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…