不登校新聞

550号 2021/3/15

離縁するつもりで生きてきた私が15年ぶりに親と食事をした理由

2021年03月15日 18:45 by motegiryoga

 今回の執筆者、喜久井ヤシンさんは「15年ぶりに両親と食事をした」という。食事に至るまでの経緯や葛藤など、心のうちを書いていただいた。

* * *

 私は、親と離縁するつもりで生きてきた。8歳で学校へ行かなくなったことを契機として、両親は大切な存在だったはずの私に手をあげ、子供の私を丸ごと否定するかのようなふるまいをした。両親を含め周囲の大人たちは、私が学校へ行くか行かないかによって、態度が豹変したのだ。私という人間は同じであるのに、社会的な判断基準によって、人との関係が断絶される経験だった。この経験は私に、どれほど優しい相手であっても人を信頼してはならないという、生涯の戒めを残した。私は同世代とほとんど交流のない10代を経て、20代には実家を出て一人暮らしを始めた。30代になった現在は自身の収入のみで生活している。一人暮らしを始めてからは、両親とは年に2度~3度、事務的なメールをやりとりする程度だった。幼少期から抱え続けた両親に対する私の怨恨は根深く、まともに顔を合わせることなどできなかった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【世界一受けたい授業出演特集】不登校から東大、リクルートへ ありがたかった母の対応

552号 2021/4/15

小6の私の心に突き刺さったのは、担任からの思いがけない言葉

552号 2021/4/15

他人の目を恐れてた中学生の自分に28歳になった今伝えたいこと

552号 2021/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...