不登校新聞

551号 2021/4/1

高校へ行ってと親は言うけれど、私は通える自信がなかったんです

2021年03月31日 17:48 by motegiryoga

連載「私がぶつかった中学校の壁」vol.5

 私にとっての「中学校の壁」はたくさんありましたが、そのひとつは「高校受験」でした。

 私は中学に入ってから、中学卒業後のことまでは考えていませんでした。将来やりたいこともありませんでした。だけど時間は待ってくれず、あっというまに中3になり、進路希望の紙をくばられるようになりました。

 私にとって、中学校はいじめを受け、友だちもできず、とても苦しい3年間でした。ただ生活しているだけで苦戦をした私が、高校へ行って、また3年間生活を送るのは、すごく不安でした。

 また、勉強もできなかった私は通っていた塾でも「行ける高校はないよ」と言われていました。いろいろな不安を持ったまま進路の紙になんて書けばいいんだろうと悩みました。でも、思いつきません。三者面談のときも「進路、どうするの?」と聞かれましたが答えられないままでした。

 自分がこのあと、どうしていきたいかがわからない。母親には「高校へ行ってほしい」と言われていました。でも自分には高校へ行ける自信がないし、行きたいと思う高校もありませんでした。中学での経験から、自分にはこれ以上、学校生活をおくることが想像できなかったのです。高校へ進学してもすぐ行かなくなるんじゃないか、という気もしていました。行かなくなるのにお金を払って入学しても意味ないな、とも思い、中学3年になっても1度も高校見学へ行かずに夏休みを迎えてしまいました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

中学1年で不登校した私、新しい人間関係が壁に

550号 2021/3/15

「学校が求めるよい子にはなれない」軍隊のような校則になじめずに

549号 2021/3/1

「こんなのもわかんねーの」 先生の一言が今も胸につかえてます

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...