不登校新聞

551号 2021/4/1

精神薬の「やめ方」と使い方を児童精神科医が解説【書籍紹介】

2021年03月31日 17:47 by koguma
2021年03月31日 17:47 by koguma

 心療内科や精神科などで処方される薬は現在100種類ほどあると言われていますが、その薬をめぐって悩まれている親は多くいらっしゃいます。

 不登校の取材を続けるなかでも「学校から受診をすすめられた」というケースもあり、
「本当に子どもに服用させてよいのか」「薬の副作用が心配」などの声を聞くことがあります。今回ご紹介するのは、その薬について、やめ方と使い方に焦点をあてた1冊です。

 著者で児童精神科医の石川憲彦さんは「薬はすべて毒」と指摘します。食べ物とちがい「必要量」がないためです。また「薬の作用はすべて副作用」とも指摘します。たとえば、鼻水止めを服用すれば鼻水が止まって快適になる一方、湿気によって守られていた粘膜を保護する物質の分泌を止めてしまうためです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクールは何を基準に選べばよいか 6つのポイントを紹介する1冊

591号 2022/12/1

やすむことがなぜ大切か 不登校経験者を救った2つの勇気

587号 2022/10/1

つらいなら、迷わず誰かに頼って NPO代表が10代に伝えたいこと

586号 2022/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…