不登校新聞

551号 2021/4/1

学校に行きしぶる娘の背中は、押すべきか休ませるべきか

2021年06月28日 13:01 by koguma


加嶋文哉さん

連載「親の失敗談から見えること」vol.4

 「星の会」の例会に初参加してくれたAさん。言葉につまりながら、娘さんのことを話してくれました。

 中学校入学当初は楽しそうに通っていた娘さんが5月ごろ、お腹が痛いと言って居間のソファにうずくまるようになりました。「どうして学校へ行きたくないの?」「いやなことでもあるの?」と聞いても、何も答えてくれません。

 先生に相談すると「学校では友だちと仲よく遊んでいるし、ふつうですよ。少し背中を押して、学校へ来させてください」と言われました。学校まで車で連れて行ったりしていましたが、しだいに車に乗ることさえいやがるようになりました。

 「いじめがあるなら、学校を休んでよいと思います。でも、ただ学校をいやがっているだけなら、娘の背中を少し押したほうがよいのかなとも思います。不登校の原因がわからないので、休ませたほうがよいのか、押したほうがよいのかわかりません」と、Aさんが抱える迷いを率直に打ち明けてくれました。

顔が怖かった

 私はBさんに話を振りました。Bさんのお子さんは現在大学生で、不登校のきっかけはいじめでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ゲームばかりで昼夜逆転の子ども。支援者が語る寄り添い方

568号 2021/12/15

不登校が思うように「回復しない」。親どうしが交わした言葉とは

566号 2021/11/15

「お兄ちゃんだけ不登校はズルい」兄弟の不登校問題、どうすれば?

564号 2021/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...